9月の定例議会、決算委員会の最中に衆議院解散をするという第一報が入ってきました。

9月の定例議会、決算委員会の最中に衆議院解散をするという第一報が入ってきました。 なぜこの時期? 北朝鮮が何をするかわからないのに… なぜ冒頭解散? 新大臣や当の首相の所信表明もなしに 国会議員の多くの要望で実現した臨時議会 求め続けて開催が決まったのに その後、28日 前夜は手話講座で、連日の決算委員会の準備もあり、いつもより早く眠ってしまった朝のニュース、前原代表が希望の党への合流をする意志を示しているとの報道に何を言っているのか暫し理解に時間が掛かりました。 夕方には会議でも了承されたとの事。 そして、希望の党は維新との連携を発表。 大阪では希望の党からの候補を立てない。 19の選挙区の内、民進党大阪府連に属する新人を含める13人は希望の党に行くか、単独で無所属で立つかを連日迫られる事になりました。 その間も私を含め地方議員、参議院議員にも現状や今後について一切の説明はありませんでした。 (現在も無いままですが…) 18区(泉大津市、和泉市、岸和田市、高石市、忠岡町)で共に戦う準備を進めてきた川戸さんは進退を党に一任という判断をしました。 私や元市議の田中さんは『ここまで準備してきた。確実に応援の声は増えている。無所属で立つ気なら全力で応援する。』と訴えましたが、新人で党の方針に逆らう事は容易ではない事も理解し、川戸さんは泣く泣く国替えする事になりました。 判断後、立憲民主党が結党! 大阪の無所属でも地元で立つと判断をしていた人達が次々と仲間になりました。 今は、 18区19区では候補者がいなくなった為、一番南の16区、元衆議院議員の森山ひろゆきさんの応援に入っています。 堺にお知り合いのいらっしゃる方! https://www.facebook.com/hull1960/posts/10214082261512496 を見て拡散お願い致します❗️

9efe0a0bf9041c07f3b0

LINEで送る
Share on LinkedIn
Share on GREE